HUAWEI Watch GT2e のスマートウッチを購入。使って良かった・悪かった点を徹底解説。

物欲

私がこのブログをはじめる前の2020年4月20日にスマートウォッチを買いました。

私が買うときにネットで調べましたが、情報が少なく困りました。

買いたいけど、〖どうなの?〗と情報を知りたい人も多いのではないかと思い

少しでもお役に立てればと思います。ブログを書きます。

スポンサーリンク

購入のきっかけ

実は2代目で初めて買ったのはSONY SmartWatch3 SWR50でした。2年半くらい使用したところで、充電する蓋が取れて無くなりベルトも傷が付いてしまいました。

まー毎日使っているので、傷は仕方ありません。それでベルを購入しようとしたら生産中止の文字が・・・

ネットで探すとオークション等でありますが価格が高いです。ベルトだけで7000円とかで売られています。電池の持ちも悪くそろそろ潮時かなと思い新しいスマートウォッチを物色していました。

さて、次のスマートウォッチは

安いものは3000円から、高いものは数万円と幅広くあります。その中でも、自分の予算とほしい機能で決まると思います。

私の予算は2万から3万円で、GPSは必要である程度のブランドと実績が必要でした。

↑ 【Fitbit Versa 2 Alexa搭載 スマートウォッチ】とか

↑ 【Galaxy Watch 46mm シルバー【Galaxy純正 国内正規品】 Samsung スマートウォッチ】とか候補でほしいなーと思っていました。

上記2つも良かったのですが、新発売と言う事と値段も手ごろだったので【HUAWEI Watch GT2e 46mm】を購入しました。一番の決め手は2週間もつ電池です。2週間は使い方によっては難しいかなと思いましたが、半分の一週間でも有難いと思いました。

何せ、所有しているSmartWatch3 SWR50は、毎日の充電が必要でした。

HUAWEI Watch GT2e 開封の儀

私はAmazonで正規のHUAWEIから購入しました。

スクエアーの紙製の身と蓋式の箱です。

開けるといきなり製品が出てきます。

第一印象は奇麗な画面だなーと思いました。

付属品はTYPE-Cと専用の充電器、クイックスタート(簡単な取説)、WARRNTY CARD(保証とアフターサービス)でした。

BLUETOOTHは、驚くほど簡単でした。人によるでしょうが、ほとんどの人が迷わずペアリングが出来ると思います。

とても軽く着け心地も最高です。私は違和感なく着けることが出来ました。

「心拍数」「ストレス」「お天気」(画像はありません)「ミュージックプレイヤー」「総合」などがスワイプで表示されます。

スピーカーとマイクはないので、スマートウォッチ単体で電話はできません。

「ミュージックプレイヤー」は、BLUETOOTHのヘッドホンをスマートウォッチとペアリングすると聞こえるようですが今のところ私は使用していません。

あと「ワークアウトモード」があるのですが残念ながらまだ使ったことがないです。

面白そうな機能なのでどこまで実用的か次回使ってご紹介します。

公式HUAWEIhttps://consumer.huawei.com/jp/wearables/watch-gt-2e/

感想。

実際に使用して、2か月弱になります。私の使い方で、10日は充電せずに持ちます。

ワークアウト機能を使うとGPSを使うので、使用頻度によっては充電期間が縮むのかもしれません。

日常の使い方としては、

✔ 電話の着信をバイブレーションでお知らせ。

✔ SNSの通知(LINE等)

✔ 目覚まし時計

✔ SMSの通知

✔ 睡眠状態

が、主な使い方です。

今との頃大満足です。ちなみに入浴以外は一日着けています。もちろん防水機能があるのでお風呂でも大丈夫かと思いますが、私は外しています。

欲を言えば、フェイス面を色々と替えれるのですが純正だと沢山ありますが私のお気に入りは少ないです。裏技でゴニョゴニョするといっぱいあるのは知っていますがとりあえず静かに使っています。

これで、2万円で買えるのはとても良い買い物だと私は思っています。バッテリーの劣化やその他の不具合によっても最終的満足度は変わるのかもしれませんが、長く使用できそうです。

値段にもよりますが、今はないですがオプションでベルトが出たら色を変えて楽しめればと期待しています。

今現在、画面保護のフイルムを貼っています。無くてもいいですが一応保険のつもりで貼りました。

おサイフケータイ使えると便利ですね。この値段だと無理だとわかっています。

デザインの好き好きや機能の内容にもよるでしょうが、買っても実際に使えるスマートウォッチだと思っています。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

物欲
スポンサーリンク
えびフライをフォローする
ちょっと楽しむレシピ

コメント

タイトルとURLをコピーしました